おせち作り ー菊花かぶー

本日はおせち【 三の重 菊花かぶ 】のレポートです!

【菊花かぶ】とは・・・
花に見立てたかぶの甘酢漬け。
見た目も可愛らしく、お正月やお祝いの酢の物として出されるひとしな。

です(`・ω・´)今日は豆知識も入れてみました☆

さて、大きなかぶを横に半分に切り、縦・横に細く切り目を入れていきます。
そしていきなりさすが職人・・・Σ(゚Å゚)といえる包丁さばき!

薄く、薄く横に包丁をスライドさせながら切っていきます。
切り終わったら90度回してまた薄く薄く・・・

しかも手早い!

こんなに大きなかぶを縦・横に切り目を入れるのに2分もかからず
ただただ感心するばかり。

ここで素人なのでこんな質問。
ωΦ)「なんでこんなに早いのに下まで切り落とさないんですか?」

ω・´)「切り落とさないようにこうやって包丁を斜めに立てて切る。
    切りこめば包丁の先端がまな板につくでしょ?そしたらそこで止める。」

ωΦ)「なるほど!・・・(簡単に言われたけど無理)」

そんなこんなであっという間に大量にあったかぶが切られて

↑縦横正確に切られているので同じ大きさの小さな正方形がそろってます!
 職人技にただただ感心するばかり・・・

今度は塩水の中へ小さく切って入れられます。

(葛`・ω・´西)「この塩水は海と同じくらい。日本海と同じくらいしょっぱくね!
     太平洋じゃなくて!(笑)」
なんてまた豆知識を今日は葛西さんに教えていただきながら仕込んでいきます。

小さくきったかぶを日本海と同じくらいの塩水に漬けてしんなりしたらしっかり水をきって
今度はこちらの甘酢の中へ。
塩水に漬け、形を崩さないようにしっかり水分を絞ることがポイント!

ちなみに甘酢の中には刻んだ『唐辛子』。

この甘酢をしっかり密閉できる容器に入れ、そこにさっき切ったかぶを

入れます!

(葛`・ω・´西)「あとはこれを漬ければ出来上がり。
         普通はこんな風に花に見立てて盛り付けるんだよ!」

普通の丸いかぶがこんな可愛いお料理に仕上がるなんて・・・
本当に食べるのがもったいない!
そんな和食の伝統の詰まったおせち。
目で見て、舌で味わって・・・たくさんの方に楽しんでいただけるよう頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事一覧へ戻る